つみたてNISAの期間延長されたし、投資をするなら堅実なインデックスファンドをコアにすべき

積立しているかわいい女性

つみたてNISAやってますか?僕は制度が始まった2018年からつみたてNISAで投資信託の積立投資をしています。

つみたてNISAをめっちゃ簡単にいうと、『投資信託の利益にかかる税金を非課税にできる』制度で、コツコツと毎月積立投資で資産形成をしたい人にはぴったりな制度です。利益に対して税金払わなくていいし。

つみたてNISAを簡単に説明

引用:楽天証券

投資信託を毎月積立投資するのでリスクを低く抑えることもできるので、投資初心者の人にもオススメですし、シーゲル流ポートフォリオでも50%は国際分散投資を勧めているので、つみたてNISAをやっておいて損はありません。

さて、そんなつみたてNISAですが、積立期間の延長が先日決まりました。

つみたてNISA延長へ 38年以降も積立可能に

引用:ITmediaビジネスONLiNE

つみたてNISAの積立期間が延長!

つみたてNISAは今までは2037年までの積立期間でしたが、これが延長されいつから始めても20年間非課税となることこととなりました。

つみたてNISAは2018年から始まった制度ですが、始めるのが遅くなればなるほど積立期間が短くなるような感じでしたが、この改正により後から始める人も平等の非課税期間となったわけです。

今までつみたてNISAをしてこなかった人も始めやすくなったので、今後つみたてNISAを始めるため口座開設しようかと考えている人も多いのではないでしょうか。

(個人的には非課税期間が撤廃されて非課税期間が半永久的になったら神アップデートなんやけど。たしかそんな話もあったよね。却下されたみたいやけど。今後に期待しておきます。)

つみたてNISAで資産形成

つみたてNISAは投資信託を毎月一定額を積立する制度で、なかなか地味な制度ですがつみたてNISAでコツコツ積立投資をすることでも資産形成は可能です。

適切な投資信託を選べば簡単に全米や全世界経済へ分散投資をすることができるので、投資初心者でも取り組みやすいのではないでしょうか。

ちなみにみんな大好きシーゲル先生が推奨するポートフォリオでもコアとなる戦略は国際分散投資です。ポートフォリオのうち50%は国際分散投資を勧めています。

また最高値を更新しつづける米国経済において、今さらなかなか買いにくいなぁと思う場合はインデックスファンドの定期買いが正解です。いつもわかりやすいブログで僕もよく参考にしているチンギスハンさんも言ってるし。

こういう時につみたてNISAは本当にピッタリなので、投資をするならつみたてNISAでインデックスファンドに積立投資は必ず検討すべきです。まぁよほど個別株にこだわりがあるとかなら別ですけども。

つみたてNISAのおすすめ投資信託

つみたてNISAで積立投資できる投資信託は160種類ぐらいありますが、とりあえずこれらを選んでおけば間違いないだろうと個人的に思う商品をいくつか上げてみます。

  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  • 楽天全米株式インデックス・ファンド
  • eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)
  • eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)
  • 楽天全世界株式インデックス・ファンド

とりあえずこれらなら間違いないと思いますし、長期的に積立投資をすればほぼ負けることはないだろうと予測しています。

米国経済へ分散投資をするなら『eMAXIS Slim米国株式(S&P500)』や『楽天全米株式インデックス・ファンド』を選べばOKですし、

全世界経済へ国際分散投資をするなら『eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)』や『eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)』、『楽天全世界株式インデックス・ファンド』を選べばOKです。

まぁどれを選んでも米国株が占める割合が大きいです。例えばeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)でも、全世界株式ってなっていますけど内訳の半分以上は米国株になっています。アメリカが強すぎて世界株式総額のなかでも米国株が半分以上を占めているからですね。アメリカ最強やん。

参考までに僕が毎月積立投資している商品は

  • 楽天全米株式インデックス・ファンド:33,000円/月
  • eMAXIS Slim全世界株式(除く日本):17,000円/月

の合計5万円です。このうち楽天全米株式インデックス・ファンドをつみたてNISAで投資しています。

アメリカ経済は今後も成長し続けると踏んでるんで、アメリカ株のウェイトがかなり占めています。ぶっちゃけアメリカに投資しときゃ間違いないやろ。まだまだ人口も増えるみたいやし。

全世界株式(除く日本)を選んだ理由は単純に全世界経済へ分散投資をしつつも日本経済には期待していないからです。人口予測は減少する一方やし世界と比べて競争力でも以前と違って低くなってきてるし。やっぱアメリカやで。

ちなみに証券会社は楽天証券を使っています。理由は楽天カードで積立金額を決済すると1%のポイントが付くからですね。1%ポイント還元されるのはデカイ。積立時点で1%に利益やん。

投資信託のインデックスファンドで堅実に利益をだしつつ、個別株で補完する作戦です。金持ちにになりてぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です