S&P500、ナスダック共に最高値更新!楽観モードかもだけどこんな時こそ戸愚呂の格言を贈りたい

戸愚呂1

12月12日の米国株式相場は、米中貿易協議についてトランプ氏が第一段階の貿易合意を承認したとの情報もあって、主要指数は急進しS&P500、ナスダックは終値ベースでも史上最高値を更新しましたね。

いやー、12月入ってからもトランプのツイートで市場は荒れていましたし、どうなるか気になっていましたがとりあえずは良かったですね。今のところ来年も比較的明るい見通しのような報道もありますが、こんな楽観ムードの時こそ戸愚呂師匠のありがたい格言を贈りたいと思います。

戸愚呂とは

僕と同じアラサー世代なら戸愚呂を知らない人はいないと思いますが、もしかしたらいるかもしれないので、まずは軽い説明から。

戸愚呂とは、1990年から1994年まで週刊少年ジャンプで連載された富樫先生のカリスマ的な漫画『幽遊白書』(正確には幽☆遊☆白書)のキャラクターで、悪役でありながらも作中での存在感やカリスマ性から今なお圧倒的な人気を誇っている。

戸愚呂弟

戸愚呂の能力などの説明は前回の記事に書いているので、気になる人は見てみてください。

戸愚呂1豆腐メンタルの投資家たちに戸愚呂師匠の格言を1つ紹介したい。

世界クラスの投資家たちはもれなく彼の言葉から学んでいると言われていますし、米中貿易合意もとりあえず乗り切り指数も史上最高値を更新したところです。おそらくあなたの周りの株仲間でも楽観的なヤツがいると思いますので、そんな時はこの格言を放ってみてほしい。

元人間のオレの経験からみて 今のおまえに足りないものがある 危機感だ

元人間のオレからみて、今のおまえにたりないものがある。危機感だ

『元人間のオレの経験からみて 今のおまえに足りないものがある 危機感だ』

おそらく戸愚呂師匠の格言の中でも、その汎用性の高さから一二の人気を争う格言ではないでしょうか。

暗黒武術会の決勝で戸愚呂と戦う主人公幽助。かなりの危機感を持って戦う幽助に見えましたが、師匠の目にはそう映らなかった。幽助が成長するためにはまだ危機感が足りない、と師匠は言っているのです。

この格言はありとあらゆるシーンで活用する事ができるので、様々な状況でぶっ放してもOKでしょう。

投資には常に危機感を持って取り組むことが必要ですが、この最高値を更新している状況です。膨らんだ含み益に浮かれている人もいるでしょう。僕も含めて。しかし投資をしている以上リスク管理わ怠ってはいけません。

つい気持ちが大きくなって楽観的な気持ちで投資をしている人にはすかさずこの言葉を言ってやりましょう。

おもむろに服を脱ぎ、上半身裸で異常に発達した筋肉を見せつけながらゆっくとドスの効いた低音ボイスで言うのです。

「元人間のオレの経験からみて」

まずこの一言で大抵の人が震えながら失禁することでしょう。目の前にいる上半身裸の男が筋肉を見せつけながら『元人間』であることをカミングアウトするわけです。そして一体どんな経験をしてきたのか…こんなインパクトのある言葉ほかにあるでしょうか。

相手がお漏らしてることも気にせず続けて告げてやりましょう。
「今のおまえに足りないものがある 危機感だ」

たったこれだけで相手は震え上がり今までの楽観的な考えを改めるでしょう。未来はどうなるかわからないだけに投資は常に危機感をもって取り組むべきだと教えるには、戸愚呂師匠のこの言葉だけで十分なのです。

あとやはり筋肉は大事ですね。

金持ちになりてぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です