米国株が最高値を更新し続けてるけど素直に喜べない人たちへ

チンギスハンの似顔絵

米国株界で有名な『チンギスハンのブログ』を運営しているチンギスハンさんが数日前以下のような記事を書いていました。

「高値更新を指をくわえて見ているだけ」にならないためには

引用:チンギスハンのブログ

チンギスハンさんのブログはタメになることがよく書かれているので参考にさせて頂いています。僕の中では勝手に米国株界のレジェンド的な位置づけになっています。どうやらおじさんのようだし。優しそうだし。たぶん上のような画像の人。

詳しいブログ内容は上記リンクからチンギスハンのブログを読んで貰えればと思いますが、簡単に書くと『米国株が最高値を更新し続けているけど、嬉しい反面、これから買うには高すぎて買いにくいよね。んでこの状況ならインデックスファンドを定期買いが正解やと思う』って感じのことが書かれています。

この記事を読んでみて僕も「そのとおりやなー」って感想なんやけど、僕の考えをちょっと書いてみようと思います。

米国株は高値を更新し続けている

2019年初めはけっこうな暴落からスタートしましたが、米中貿易戦争とトランプのツイートに影響されながらも、なんやかんやでNYダウ、ナスダック、S&P500の3指数がそろって史上最高値を更新し続けています。

nyダウナスダックS&P500はそろって最高値更新

赤:ナスダック 緑:S&P500 青:NYダウ

2019年頭所は暴落から始まったこともありアナリストたちは悲観的な予想をしていましたが、フタを開ければ最高値更新したし、こうなることを予想していた人は少ないんとちゃうかな。

それどころか数年前から経済はリセッション(下落・停滞期)に入ると言われてたし、予想ってなかなか当たらないものですね。

買いたいけど高すぎて買えない

んで予想に反して株価が上がってくると『買いたいけど高すぎて買えない』現象がおこってくるわけですね。

数年前からリセッションが警戒されていたこともあって「買うなら安くなってから買ったほうがええやろ。」ってことで安くなるのを待っている間にスルスルと株価が上がってしまったわけで、そうなると『買いたいけど前に比べて高いしなぁ』って感じで買えない→でも株価はさらに上がってしまう、という状況に陥るんですね。

市場に居続けるべきだと思う

僕はとりあえずこんな状況でも『市場に居続けるべき』だと思っています。

ぶっちゃけ未来が上がるか下がるかなんて誰にもわからないし、2019年当初の予測なんてほとんど当たってないし。

そうなってくると市場に参加していないとスタートラインにも立ってないわけで。未来が正確に予測できない以上は、未来が上がろうが下がろうが市場に参加していないと意味がない。(当然100%下がると予測できていれば市場から降りるというのが正解なんやろけど、確実な予測は無理やし)

正解はインデックスファンドか

チンギスハンはこういう状況で普通の個人投資家はどうしたらよいか、ということに対して

1 何もしないで黙って見ている
→今年ずっとこういう局面が多かったですね。

2 高値を買い上がる
→心理的抵抗感がすごい

3 今まで通りの行動をとる
→これが正解

つまりインデックスの定期買いをコツコツ続けることが今年ずっと正解であり続けているのです。

と書いていますけど、僕もこれには同感で、僕のようなフツーの一般投資家にとっては、毎月決められた額を決められた時期に買い続けるのが一番無難で間違いないと思うし、投資に最適解はないけど、この方法が最適解に近いものの1つだと思ってる。僕もつみたてNISAで毎月全米株式インデックスファンド買ってるし。

だからといって『1 何もしないで黙って見ている』や『2 高値を買い上がる』っていうのが間違いってわけでもないと思う。

「あーそういう戦略もあるよね」って感じ。個人的には上級者やなぁって思う。何もしないで様子を見るって個人投資家の特権やと思うし。利益を出し続けないといけない機関投資家には無い選択よね。

ただ僕の周りで暴落を待ってただ何もせず見ているだけの人は素人が多い気がするわ。数年前から「そろそろ暴落くる気するからそのときに全力買いするわ」って言っていた友人はおそらく未だに買えてないし。

『2 高値を買い上がる』っていうのも一つの作戦で、このへんは和製バフェットがやっているよね。順張りで上がり続けるものは上がり続けるって考え。上がったものを買うには勇気が必要やから上級者やなぁって感じ。最近僕もこの練習していますが、これなかなか難しいわ。和製バフェットの考え方はけっこう好きでよく参考にさせてもらってます。ブログもおもろいし。

ってなるとやっぱり一番無難な正解は『心情に左右されずにコツコツと定期買い』じゃないかなぁ。

ちなみに僕はインデックスファンドを定期的に買い続けながらも、個別株も定期的に買い続けています。今のところ株価は上がってるから良かったけど、先はわからないよね。とりあえず中長期的な目線で考えているので、目先の上下はあまり気にしないようにしています。(とか言いつつ下がったらやっぱり寂しい気分になったりする)

 

正直、個人的にはここまで株価が上がっているのが不思議で、経済指標は堅調なものが多いといっても、今年は米中貿易戦争に振り回されたし、まだ解決してへんし。米中貿易戦争の合意を見込んで上がっているようやけど合意できるんやろか。そうこうしてたら香港人権法にトランプが署名して成立したから、さっそく中国の習近平が怒ってるし更に貿易戦争が激化しそうやし。でも香港人権法が成立する可能性なんて十分予測できた中で株価は上がってたし。成立もすでに織り込んでんのかな?やっぱり一般の投資家には予測は難しいわ。

あー金持ちになりてぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です