株価の目先の急落には飛びつかず余裕を持って落ち着こう。早漏boyはダメだぞ。

2019年も終わりに近づいていますが、12月に入ってからというものの米株価が安定しませんね。12月は初日から2日続けてなかなかの下落で始まりました。

12月初日はトランプツイートで荒れるも、外的要因なら買いが正解か12月に入り連日のトランプ砲!2日続けて大幅下落も株を買い集めるチャンスか。

 2019.12から株価は安定しない

4日の株価は反発し+146.97ドル(+0.53%)で取引を終えました。

トランプの発言で上げ下げを繰り返していますが、4日は米中貿易協議について発言があり楽観的な見方が強まったようで株価が上がりました。

面白いところは、ISM非製造業購買担当者指数などの指数が予想を下回ったにも関わらず株価が上がったところですね。

トランプの発言の方が重要視されているようで、こうなってきたらアメリカ政府が株価を操作しているレベルですやん。

ツイッターなどを見ていると『買い場だ!』という意見も多いですね。確かに久々の調整で買いたくなる気持ちもわかりますが、ただ僕的には急いで買う必要はないかなぁ、と考えています。

中長期投資なら急ぐ必要もない

僕の投資スタンスは、今後も安定的に成長しそうな会社へ中長期投資をしています。そもそも中長期の投資の場合であれば目先の下落に飛びつかなくたって大丈夫です。今飛びついたとしても将来的にはそんなに大きな差にはたぶんならないですよ。

短期トレードで日々のうねりを取っていくようなスタイルの場合は、チャンスと捉え飛びつく必要があると思いますが僕には縁のないスタイルなんで。

それから重要なのは株の未来は誰にもわからないことです。今回の下落により短期間で上下を繰り返していますが、今が買い場なのかどうかは正直だれにもわかりません。米中貿易戦争が解決したわけでもないですし、いちおう15日には中国への新たな関税の発動も控えています。今のところ延期になるのでは?という見方が強いですがどうなるかはわからないですよね。そうなってくるとこの後もズルズルと株価が下がっていくことも十分に予想されます。

僕もこのままズルズルと下がっていくようなら様子を見ながらどこかで少し買うと思いますが(今のところMSFTを追加で買いたい)、少し落ち着いてみることも重要かなぁと思います。

基本は自分の投資スタイルを崩さない

難しい相場なので、焦って飛びつくような早漏boyはちょっと落ち着いてみるべきです。

基本的には自分が決めた投資スタイルを崩さずに淡々と買っていくべきです。僕も薄給のなかから毎月5万円の個別株を買うようにしています。(別に投資信託も5万円分買っています)

基本的にはこのスタイルを崩さずに投資を続け、ズルズルと株価が下がって行くようなら、こんな時のために残してある余裕資金で少しずつ優良企業を買っていきます。

理想は底で大きく買うことですが、そんなことができるのはごく僅かな人たちです。正直僕にはそんなこと無理だと思っているので焦らず様子を見ながらなんとなーく安く買えたらいいなー、ぐらいのスタンスです。『頭と尻尾はくれてやれ』てきな格言もありますし。

でもツイッターなんかを見ていると参考になるいろんな人の意見が聞けるので、焦る気持ちも仕方ないですけどね。ただ重要なのは市場に残り続けることです。飛びついて退場してしまうことだけは避けるべきです。

貿易戦争の行方もありますし、とりあえず12月のボーナスを待ってから考えてみようかな。

あー金持ちになりてぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です