【朗報】楽天証券が投資信託の『定期売却サービス』を開始。つみたてNISAの出口戦略に新しい選択肢!

楽天証券の定期売却サービス開始

先日こんな記事を書きました。

非凡になるためには投資で凡人が非凡になるためには投資をコツコツと継続することだ!

できれば上の記事を一度読んでもらえるとめちゃくちゃ嬉しいですけど、読むのがめんどくさい人もいると思いますので簡単に説明すると「つみたてNISAなど長期投資の環境は整ってきてるし、コツコツと継続した長期投資をすることで凡人も非凡になれるで」ってことを書いています。

そして今回、楽天証券が12月29日から投資信託の『定期売却サービス』を開始するとの情報がはいりました。

投信定期売却サービス開始(2019年12月29日より)

引用:楽天証券

自分が保有している投資信託に定期売却の設定をすれば、あとは自動的に毎月指定日に売却代金を受取ることができますし、売却の設定方法は金額指定、定率指定、期間指定の3パターンが設定できるようですよ。

各証券会社でいろいろ新しいサービスが立ち上がっていて、投資する側からすれば便利になるのでありがたいですね。今後も各証券会社で競い合いながらも投資しやすい環境になっていけば嬉しいです。

投資信託の新しい出口戦略に

僕もつみたてNISAをしていますが、今のところまだまだつみたてNISAの売却つまり出口戦略を考えるつもりはありません。しかし長期投資においても出口戦略は重要で必ず最後には投資信託を売却し現金に替える必要があります。その中でこの定期売却サービスは新しい出口戦略として需要が高いのではないか、と思います。

この定期売却サービスを利用するシチュエーションとしてまっさきに思い浮かぶのは『年金のようにお金を受け取りたい』場合ではないでしょうか。

つみたてNISAを含む投資信託を将来のために長期間で投資している場合、いざ投資信託を売却するときにドカッと全て売るのではなく、定期売却サービスを利用することで毎月定期的に売却し現金化することができます。

つまり毎月定期的に投資信託を売却することで年金のように現金を受取ることが可能になりますね。年金でなくても毎月のお小遣い代わりにもできますし。

そして楽天証券の定期売却サービスの売却設定方法は『金額指定』『定率指定』『期間指定』の3パターン設定できるので、自分の計画に合わせて自由に投信の売却ができます。

  • 金額指定
    1,000円以上1円単位で、毎月一定額を売却する。
  • 定率指定
    1%以上0.1%単位で、あらかじめ設定した率に相当する口数を売却する。
  • 期間指定
    最終受け取り年月を指定し、当該年月までの売却回数で等分した口数を売却する

定期積立投資と定期売却サービスを組み合わせることで、投資を続けながらも定期的に売却代金を受け取るなんて運用も可能になりますね。

将来の資産のために投資を

老後年金2000万円問題も言われてますし将来に不安を抱える方も少なくないと思いますが、投資信託の積立投資で将来のために自分の資産を作っておくことが重要です。つみたてNISAという長期投資に最適なサービスもありますしゼヒ利用したいところですね。

僕はつみたてNISAで毎月33,000円、投資信託を毎月17,000円積立投資をしていますが、複利効果のために長期投資を前提としているので今のところ売却する予定はありません。

しかしいつかは必ず現金が必要になったときに投資信託を売却しなければならない時がきますので、今回の楽天証券のような定期売却サービスのおかげで柔軟な対応が可能になりました。これは本当にありがたいことで、投資環境がさらに整いましたね。

今後もさまざまな革新的なサービスが生まれることを期待しています。

ただやはりいちばん大事なのは投資を続けることです。売却する必要がないときは売却せずに投資を続け資産を最大化することが重要なことは間違いありません。

金持ちになりてぇ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です