投資で成功したければ成功者のマネをすることも大事!

僕は働きながら子育てをしながら米国株投資をしているんですが、なんせ時間が無いんですよね。

ぶっちゃけそれぞれの銘柄を深く分析する時間もかなり限られています。そういう人って多いんじゃないかなと思うんですけど、それでも投資で成功するためには、もう『投資で成功している人をマネをする』しかないんじゃないかなぁと思うわけです。

そこにはもう恥も外聞もないわけで。なんせ金持ちになりたいんで。

自分で銘柄を探してもなかなか資産が増えなかった

時間がなかなか捻出できない僕にとって、効率よく資産を増やすためには成功している人のマネをすることが最短だと思うわけです。

実際のところ自分で銘柄とか探していろいろしていた時期もあるんですが、ぜんぜん資産が増えないんですよ。増えたり減ったり。ぶっちゃけサンバイオ(4592)とか買ってた時期もあります。(損はしなかったので良かったですが)

情報はたくさん公開してくれている

幸いにもこの時代なのでみなさんブログやツイッター等で丁寧にポートフォリオや情報を公開してくれてるんですよね。ホントにめちゃくちゃ参考になります。ありがとうございます。(お礼の意味でグーグルアドセンスクリックしてたんですがアドセンスのポリシーに違反する可能性があるとのことで、最近は株村のバナークリックしたりしています)

みなさんのブログってめちゃくちゃ参考になるし面白いんですよね。単純に読み物としても面白いです。銘柄分析も詳しいところまでわかりやすくまとめてくれてるんでありがたいです。

 

最近『和製バフェットのシークレットポートフォリオZ』の和製バフェットさんが、『水』銘柄を紹介されていたので、さっそく気になっています。あそこまでまとめられていると本当に有望に思えてくるんですよね。

あとは『ピッフィーの株式投資★Diary』のピッフィーさんや上記の和製バフェットさんが保有している、そしてクリスマスプレゼントで最近買ったと東大バフェットさんがブログ『東大バフェットの株式投資ブログ 神のみぞ知る投資法』で言っていた『ダナハー(DHR)』もめちゃくちゃ気になってます。

もうねチャートがエグいんですよ。僕の中ではピッフィーさんが最初に「ダナハー良いよ」って言ったと思ってるんですが、どうやってこんな銘柄探してくるんだろ?僕はダナハーとか聞いたことも無いもんで。

ダナハーのチャート

出典:yahoo!finance ダナハーのチャート

水銘柄もダナハーもまだよくわかってないんで今の所投資する計画はないんですが、フォローはしていくつもりです。

投資は自己責任だぞ☆

ただけっきょく投資の最後は自分の責任なんですよね。なんでただただマネをするわけではなく、銘柄を買う時は自分でできるだけは調べた上で納得して買うようにしています。

自分がまったくわかってない状態で買ってしまうと株価の下落に対応できなくなってしまうので、自分で納得して買うことが大事かなと思います。

あとは自分の投資方針と合わないものは買わないですね。バフェット太郎さんの高配当銘柄の配当再投資は僕の投資方針とは合わないのでタバコ銘柄や石油銘柄は買っていません。(バフェット太郎さんのブログは面白いのでいつも読んでいます。最近は仮想通貨やクラウドファンディングに傾倒していますが、僕が米国株投資を始めるきっかけになったブログです)

他の著名ブロガーさんやツイッターの情報を参考にしつつも、銘柄のことや自分の考えや方針に合うかを調べたうえで買う感じですね。情報を鵜呑みにして盲目的にホールドは危険かな、と考えています。

永久保有するつもりでもなければ逆指値で損切りラインは必ず設定していますし、株価が上がれば逆指値で利確ラインも設定しています。自分が確信を持って投資しているわけでもないんで、逆指値でも使わないとリスク管理できないんで。手数料や税金などコストはかかりますがそれは仕方ないです。

理想は『株価が上がりつづけて結果的に永久保有になっちゃった』じゃないかな。

自分で確信がある銘柄ならナンピンでも良い気はするんですが、その点ピッフィーさんのソフトバンクGへの集中投資はスゴイですよね。よほど確信と自信があるんやなぁと思います。

 

投資の世界では昔からウォーレン・バフェットのマネをしたり、ジェレミー・シーゲルのシーゲル流投資を参考にしている人もいますし、マネするのは有りよりの有りやと思うんですよね。マネばっかりしててもあんまり成長できないと思うんですが、職人の世界でも見て盗めとか言いますし(ちょっと違う気がしますね)

とりあえずこんな卑怯な戦略で資産を築いていきます。

あと自重トレに飽きてきたんでケトルベルも気になってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です