友人に投資の相談をされたらインデックスの積立投資をすすめる。

株式投資をしている人を周りに隠している人もけっこう多いと思いますが、僕は職場でも周りに言っているタイプです。

たまーに同じように投資をやっている人もいますが、ほとんどの人はあんまり良い反応ではないですけどね。

だいたい「難しいからよくわからんわ」とか「ギャンブルやん」的な反応ですね。

比較的若い人の方が投資に興味があるような感じで「私もちょっとやってみようかな」とか「勉強せなあかんですよね」とか言う人もちょくちょくいます。(こういうことを言ってくれるのは何故か女の子が多い気がする)

んで前にも職場の若い女の子が「投資に興味があるから少し教えて欲しい」との相談があったので、僕の考える80点ぐらいの投資を教えてみました。

僕の考える80点ぐらいの投資法

まずは前提としてこの投資法を勧めるのは『投資初心者』『投資にいうほど興味が無い』程度の普通の人を対象にしています。

  • 趣味の投資じゃない
  • 投資に興味があるけど何から始めたら良いのか
  • 投資の勉強はあまりしたくない
  • 預金ばかりなので漠然となんとかしたい

こんな感じの人たちですね。

とりあえず長期で取り組めばほぼほぼ損することはなく、それなりに資産が増えるだろうと考えられる投資法を説明します。

まずは何から始めるか

まず最初に何から始めれば良いか、ですが順番をつけるとすると

  1. つみたてNISA
  2. 特定口座で積立投資

基本的にはこれだけです。もしも投資の目的が『将来の年金代わりのため』なら、つみたてNISAよりも確定拠出年金(イデコ)を優先した方がいいかな。イデコに関してはお得な制度ですが、60歳以降まで引き出すことができないので、最終的な目的によって利用するかどうか判断する必要があります。

 

まずは税金面で大きな優遇があるつみたてNISAを利用し、さらに余裕があるなら特定口座で積立投資をしましょう。

たったこれらをするだけで、投資をまったくしてない人たちに比べると金融リテラシーは圧倒的に高くなります。世間ではつみたてNISAなんて言葉さえも知らない人が多いですし。

積立投資におすすめの証券会社は

口座を開設すべき証券会社については大手3大ネット証券会社から選べば間違いありません。

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • マネックス証券

このどれかから選べばOKです。それぞれの証券会社で使い勝手や特徴は微妙に違いますが、どれを選んでも失敗はないです。

 

あえてこの中からおすすめするとすれば『楽天証券』をおすすめします。

理由は楽天証券ならつみたてNISAや投資信託の買付に楽天カード決済を利用できます。楽天カードで積立金額を支払うことで1%の楽天スーパーポイント(上限500ポイント/月)を獲得できるので、お得さでいえば『楽天証券+楽天カード』の組み合わせです。

ついでに『楽天銀行』にも口座開設をして、マネーブリッジの設定しておけば普通預金口座の利率も0.1%まで上がります。(大手銀行の100倍の金利ですよ!)

投資する商品は

投資対象とする商品ですが、わかりやすい投資信託を勧めます。投資信託のなかでも信託報酬の低いインデックスファンドが良いですね。

  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  • SBIバンガードS&P500インデックスファンド
  • 楽天全米株式インデックスファンド
  • eMAXIS Slim全世界株式(日本除く)
  • eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)
  • 楽天全世界株式インデックスファンド

具体的にはこのへんが良い感じかと。これらの商品を積み立て投資すれば、長期的に考えると損することはほぼありえないと考えられます。

「インデックス投資なんて儲かるの?」って声もあるかもしれませんが、インデックスファンドはガチで儲かります。

S&P500の長期チャート

引用:yahoo!finance
S&P500長期チャート

S&P500の2000年以降ぐらいの長期チャートですが、右肩上がりを続けていますよね。資本主義は続くとの前提であれば、経済は成長しつづけるハズなので損することは考えられません。(絶対にとは言えないけど)

インデックス投資を研究しているジェレミー・シーゲル先生は『NYダウは今後4,5年で40,000ドルを超える』との予測もしています。

Man who called Dow 20,000 says one of the biggest stock-market dangers in 2020 is ‘people could be throwing risk to the wind’

引用:Market Watch

シーゲル先生は投資家のバイブルとも言える『株式投資の未来』の著者ですし、予測もけっこう当たるのでありえない数字ではないですよね。

ちなみに投資の神様『ウォーレン・バフェット』は「NYダウは今後100年で100万ドルになる」との予測をしています。

 

インデックス投資が儲かるのかが大事なところですが、S&P500の長期投資なら場合によっては1億円だって狙えるレベルです。

30年で1億円のS&P500に勝つためには?Google一点突破?やっぱハイテクでしょ。

インデックス投資でも時間を味方につけ長期間コツコツと取り組むことで大きな資産を作ることも可能ですよ。

非凡になるためには投資で凡人が非凡になるためには投資をコツコツと継続することだ!

あえて何もしないのが大事

コツコツとインデックスファンドの積立投資をすると決めたら、あえて何もしないのが大事です。

例えば、

  • 株価が高いから暴落を待ってよう
  • 下がりそうだから売って現金にしよう
  • こっちの方が儲かりそうだから乗り換えよう

こんなやつですね。

 

そりゃ場合によってはより大きなリターンを得ることができるかもしれませんが、今回は安全でほぼ損しないだろうと考えられる投資です。

株価の未来を予測するのは非常に困難ですし、自分で判断や選択をすることは難しいので余計なことはしないのが一番正解です。それでも十分なリターンを得ることが出来ますし、ほとんどのアクティブファンドはインデックスファンドには勝てないっていうデータもあるぐらいですから。

むしろ余計なことをせぇへんほうが儲かる。

 

実際にここ数年間は毎年『リセッションがくる』と言われていますが、株価は上がり続けていますし、暴落を待っていたら投資機会を失うことになりますしね。

余計なことは考えずにできるだけ早く始めるのが正解ですよ。

結論

  • つみたてNISAなどの積立投資
  • インデックスファンドを積立設定
  • あとはあえて余計なことはせずに積立投資

コツコツと積立投資を続けることがベストです。

目先的には株価の上下により含み損がでると思いますが、日々の株価の変動に一喜一憂すべきではありません。

そもそも株価に一喜一憂しないためにインデックスファンドを選んでるわけですし。

S&P500などの信頼できる指数に長期間投資をすることで、将来的にはお金に困ることはないだろうと思われるぐらいの資産を築くことは十分に可能と考えているので、コツコツと積立投資を続けましょう。

 

これが投資に興味がない人や忙しいサラリーマンでも資産形成が可能な投資法です。投資をしていない人と比べると将来的にはめちゃくちゃ大きな差になっていますよ。これらの投資をするだけで80点ぐらいの投資法なんじゃないかな。

僕は早く金持ちになりたいからインデックスへの積立投資をしながらも、個別株の方でもリターンの高いハイテク銘柄へ投資していますけど。なんつっても金持ちになりたいんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です