配当金は強制利確なので投資家は喜ぶよりもキレるべきらしい

高配当戦略かグロース株戦略か

こんばんは。

僕も好きで良くよんでいる投資ブログ『和製バフェットのシークレットポートフォリオZ』を運営している『和製バフェット』さんという方をご存知でしょうか。

和製バフェットさんの投資の方針などの考え方は結構共感できるところがあって個人的には好きな人です。

その和製バフェットさんがブログでタイトルのようなことを言っていました。

【みんな大好き】配当金とは強制利益確定&税金30%強制支払いなので「投資家」なら喜ぶよりキレるべきでは?【配当金】

引用:和製バフェットのシークレットポートフォリオZ

内容はタイトルの通りなんですが簡単にいうと、「配当金が支払われるということはその都度勝手に配当金分を強制利確され、さらに米国株なら約30%ほどの税金を持っていかれるので喜んでるヤツおかしいんじゃない?」的なことのようです。勝手に配当金分強制利確されるんで、資産の最大化を図る上では効率が悪いとのこと。

 

ほーなるほどなぁ、強制利確といわれれば確かになぁと思いましたね。僕は配当金が入金されればとりあえず喜んでますけど(かなり微々たる額ですけどね)。

この配当金に否定的な考え方の方はけっこう多いようで、ピッフィーさんも「配当投資は不利で、配当金が欲しければその都度必要な分の株を売却すればいい」的なことを言っています。

配当金は入るとやっぱり嬉しい

僕自身は高配当戦略というわけではなく、どっちかどりにはグロース株のキャピタルゲイン狙いですがそれでも配当金が入るとやっぱり嬉しいですね。

僕みたいなその辺にいる一般のサラリーマンがやってる程度の投資だと配当金で入ってくる金額は微々たるものですが、それでもやっぱり嬉しいんです。

理屈の上では資産の最大化という点で配当金は不利だとしても、配当金が入るという精神的な安定感を得られるというメリットがデカイですね。

出口戦略の難しさ

ピッフィーさんのいうように資産の最大化を狙う場合、もし配当金が欲しければ必要な分だけ株を売却すればよいとのことだけど、投資の出口戦略の難しさからすると実際それを行動に移せるかどうか。普通の人にはなかなか難しいんじゃないかな。僕なら多分むり。必要な分を適宜売却できる人はおそらく一握りぐらいじゃないかと。

そう思うと、年4回定期的に配当金として強制利確されるのも悪くないなぁと思います。

仮に個別株を持っていて含み益が出ていたとしても、なかなか利確できずに持っている間にダメ株に成り下がり気づいたら評価額がマイナスになってしまうとかそんなケース多いと思います。強制利確してくれるなら少しはダメージを下げることができます。

盛者必衰、諸行無常という言葉のとおり、どんな株であれダメ株になる可能性はありますからね。僕が投資しているAAPLやMSFTだって今調子はいいですけど、未来のことはまったくわからないですから。

けっきょく株は利確しないと利益にならないんだから、そう考えると配当金による強制利確は強く否定できない気がしますね。

いうても配当金なんてたかがしれてる程度なんで、株価が下がってしまえば焼け石に水程度ですけど。

投資目的が人それぞれで違う

そもそも人それぞれで投資の目的も違うので一概に「配当金は悪」とは決められないですね。

僕は全然資産が少なく資産形成のためにやっているので、目的は資産の最大化です。

ただ人によっては資産形成が終わったあとでの配当の収入のみで生活をする配当金生活を目的に投資をしている人もいますし、その場合株価の上下はあまり気にせず、定期的に入ってくる配当金の最大化が目標なんでしょうね。極論を言えば「資産がいくらか」よりも「自動でお金が入ってくるマシーンを作ること」を目的としています。僕もこれが理想です。だって働きたくないもん。

投資は結局人それぞれの目的があって、正解も間違いもないので自由でいいんだと思います。

ただ合理的・効率的に資産を増やすという意味では理屈上、配当金投資は不利になってしますということですね。

インデックスファンドなら持ち続けでOK

個別株の場合は長期で持ち続ける場合、いつかはマイナスになってしまう可能性がつきまといますが、インデックスファンド例えばVTIやVGTとかなら長期的にはおそらくプラスになるでしょう。いろんな会社の詰め合わせだから個別株のようなリスクは低いですからね。

長期で持ってプラスになる可能性が極めて高いのならインカムゲインではなくキャピタルゲイン狙いが一番効率が良いんでしょうね。

っていうことは「インデックスファンド&グロース&無配」っていうのが資産形成で一番効率が良いということになりますかね。

 

ブログ界で有名な人たちは僕のようなフツーのサラリーマン投資家と比べると、圧倒的な資金力をすでに持ち合わせています。その時点で自分とは住む世界が違うので同じようには行かないんだと思いますよね。僕なんて毎月数万円投資するのが精一杯ですし。

頭でわかっていても利確の難しさは投資をやっている人ならわかると思います。なんで自分でいろいろ考えながら資産を築いていければなって感じです。

ちなみに僕は配当金については入ってくれば嬉しいという程度の考えで高配当戦略ではないです。だからと言って配当金を否定する気もサラサラないです。それぞれのスタイルで何が一番いいかなんて誰にもわからないんですよ結局。投資に答えがあるなら皆それをやりますからね。

あー金持ちになりてぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です