ダウの犬投資法とは?2020年ダウのの犬銘柄10種を選出!過去の実績も比較

ダウの犬

投資の世界には様々な投資法がありますが、有名な投資法の一つに『ダウの犬』投資法があります。

僕はするつもりはありませんが、かなり簡単な投資法にもかかわらずパフォーマンスがけっこう良いので、参考にしている方も多いのではないでしょうか。NYダウ指数を上回ることを目標にしていますが、実際にけっこうな割合でNYダウをアウトパフォームしているんですよね。

これから投資を始めようかな〜と考えている人は、こんな投資法もあるんやって参考程度に見てもらえれば。めちゃくちゃ簡単な投資法なので、難しい銘柄分析などはまったく必要ありませんし。

さて2019年も終わったタイミングなので、今回は2020年版のダウの犬銘柄10種を選出しました。ついでに過去のダウの犬10種の成績をまとめてみました。

ダウの犬投資法とは

『ダウの犬』投資法とは、NYダウを構成する30銘柄の中から毎年12月31日時点での配当利回りが高い上位10銘柄に均等に投資をする。んでまた翌年の12月31日に同じ方法で見直す、という非常にシンプルな投資法です。

NYダウ自体がアメリカを代表するような大型企業30社しかないので、その中からさらに割安(配当利回りが高い)銘柄を機械的に抽出する、という戦術ですね。

僕は銘柄選定に配当利回りはあまり気にしないようにしているんですが、配当利回りが高いっていうことは株価が下がっている(=割安)という考えもあるので、「誰でもできるように簡単に機械的に割安銘柄を探しましょう」っていう投資法というふうに理解しています。

ちなみにダウの犬は『負け犬』なんて言われたりもします。理由は『配当利回りが高い=株価低迷=負け犬』っていうことらしいです。

目先の配当に惑わされる投資の判断、銘柄選定に配当利回りなんてものは気にしなくていい

2020年のダウの犬10種

NYダウを構成する銘柄自体30銘柄しかないので、ダウの犬10種を選出するのは非常に簡単ですね。

さっそく2020年版ダウの犬10種を選出してみました。

  • ダウ(DOW):5.15%
  • エクソン・モービル(XOM):5.01%
  • アイビーエム(IBM):4.88%
  • ベライゾン(VZ):4.02%
  • シェブロン(CVX):3.97%
  • ファイザー(PFE):3.91%
  • スリーエム(MMM):3.28%
  • ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA):3.11%
  • シスコシステムズ(CSCO):2.94%
  • コカ・コーラ(KO):2.89%
  • キャタピラー(CAT):2.79%
  • メルク(MRK):2.68%
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ):2.62%
  • JPモルガン・チェース(JPM):2.60%
  • マクドナルド(MCD):2.54%
  • ボーイング(BA):2.52%
  • ホームデポ(HD):2.50%
  • トラベラーズ(TRV):2.40%
  • プロクター・アンド・ギャンブル(PG):2.40%
  • ゴールドマン・サックス(GS):2.18%
  • ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX):1.96%
  • ウォルマート(WMT):1.78%
  • ユナイテッドヘルス・グループ(UNH):1.47%
  • アメリカン・エキスプレス(AXP):1.38%
  • マイクロソフト(MXFT):1.29%
  • ウォルト・ディズニー(DIS):1.22%
  • アップル(AAPL):1.06%
  • ナイキ(NKE):0.97%
  • ビザ(V):0.64%

上記の銘柄がNYダウを構成する30銘柄で、赤字にしているのが配当利回り上位10銘柄です。

僕が持っている銘柄の中ではコカ・コーラ(KO)が10番目にランクインしていますね。たしか2019年のダウの犬10種にもランクインしていたと思いますが、順位はもっと上位だったと記憶しています。つまり2019年の間にKOは株価が上昇したので順位が下がった(配当利回りが低下した)ということですね。(まぁ他の銘柄の配当利回りが上がったので相対的に順位が下がった可能性もありますが)

マイクロソフト(MSFT)、アップル(AAPL)、ビザ(V)は株価が大きく上がったので、配当利回りは低くなっています。それだけ人気のある銘柄だと言えますね。個人的にウォルト・ディズニー(DIS)も気になっています。

 

ちなみに2019年のダウの犬10種は以下のとおりのようです。

  • アイビーエム(IBM)
  • エクソンモービル(XOM)
  • ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)
  • シェブロン(CVX)
  • ファイザー(PFE)
  • コカ・コーラ(KO)
  • JPモルガン・チェース(JPM)
  • プロクター・アンド・ギャンブル(PG)
  • シスコシステムズ(CSCO)
  • メルク(MRK)

多少の順位の変動や銘柄の入れ替えはありますが、あまり大きく変わってはいない印象ですね。

NYダウと比べて2019年のリターンはどうだったのでしょうか?

2019年はダウの犬10種の負け

NYダウ2019年チャート

出典:Yahoo!finance

上の図が2019年のNYダウのチャートですが、年初に大きな下落があったあと大きく伸びているのがわかります。

さて2019年のダウの犬10種はNYダウにトータルリターンで勝つことができたのか検証してみたところ、負けていました。

計算の条件は以下のとおりです。

計算の条件
  • NYダウのリターンの計算は、ETFのDIAを使用
  • ダウの犬10種のリターンの計算は、2019年のダウの犬10種銘柄を各10%ずつとして計算
  • ともに配当再投資

それではダウの犬10種とNYダウの計算したトータルリターンはこのようになりました。

【2019年のトータルリターン】

  • NYダウ(DIA):25.02%
  • ダウの犬10種:19.67%

どちらも大きなリターンを出していますが、2019年はダウの犬10種がかなりの差でNYダウに負けていますね。

ちなみに2019年のダウの犬10種の平均利回りは3.93%となっています。さすがけっこうな高利回りです。

他の年ではダウの犬が勝っていることが多い

2001年以降のダウの犬10種の実績を検証してみるとダウの犬10種の勝率はけっこう高いようです。グラフに落としてみました。

ダウの犬10種とNYダウの成績

2001年以降で比較してみると、ダウの犬10種の成績は『11勝、5負』となっています。2019年は負けたのを加えると『11勝、6負』ですね。

単純な投資法ですが、こうしてみるとダウの犬投資法も悪くないかもしれない。僕はする気ないですけども。

感想

ダウの犬投資法の実績等をまとめてみましたが、こうして考えると単純な投資法のわりに成績はけっこう良い気がします。ただ僕はダウの犬投資法をするつもりがないので、あまり詳しく検証はしていませんが、ある程度有効な戦術ではないでしょうかね。

2019年はNYダウをアンダーパフォームしていますが、今後もしも安定的にNYダウをアウトパフォームしつづけるとすればおもしろいですね。

ただ僕は銘柄選定に配当利回りはあまり重要視していないので、積極的にダウの犬に投資することは今のところ考えにくいです。僕のポートフォリオの中ではコカ・コーラ(KO)がダウの犬に入っていますが。

2019年のNYダウ構成銘柄の中ではアップル(AAPL)、マイクロソフト(MSFT)、ビザ(V)は僕も保有していますが、2019年は非常に大きなリターンを出しています。効率的に資産を増やすためにはやはりハイテク銘柄への投資は外せないと思っているので、2020年も引き続きハイテク銘柄へ重点的に投資するつもりです。ダウ高を牽引したのもハイテクでしょ。

 

ちなみに、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスは上場廃止の見込みとの報道があるので、2020年にダウの犬投資法をする場合でもウォルグリーンは外した方が良いかもですね。

目先の配当に惑わされる投資の判断、銘柄選定に配当利回りなんてものは気にしなくていい2020年の投資戦略ユキ男の2020年の米国株投資戦略

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です