【2019年】年末なのでS&P500とユキ男のリターンで勝負

ユキ男VSS&P500

2019年ももう終わりなので、なんとなくS&P500のリターンと僕のポートフォリオのリターンを比べてみました。

やっぱり個別株投資をしている以上はS&P500のインデックス投資には勝ちたいですよね。そういうことで僕のポートフォリオのリターンとS&P500(ETFのVOO)のリターンと勝負してみたいと思います。

VOOの比較条件

さてS&P500についてはよく年初来リターンが○○%なんて言われますが、年初に一括投資をしている人は少数派(僕も含めて)だと思うので、ドルコスト平均法で毎月1日に積立投資をした場合と比べてみます。

年初来リターンが○○%なんてよく言われていますが、年初一括投資をしている人なんてどれぐらいいるんでしょうか?だいたいの人は毎月の給料から投資資金を捻出して毎月投資をしていると思うので、年初来リターンと比べる意味なんて無いと思うんですよね。・・・と思っていたら東大バフェットさんが年初一括投資をしていました(つみたてNISAを年初一括投資設定にしているようです)。

つみたてNISAの年初一括投資を設定しました

参考:東大バフェットの株式投資ブログ 神のみぞ知る投資法

インデックスなので将来的には右肩上がりで上がり続ける(途中で下落をしながらも)と考えれば効率的ですよね。

年初一括投資ありかもですね。ちょっと考えねば・・・!

僕のポートフォリオとS&P500で勝負

さてS&P500(VOO)の積立投資の場合のリターンを計算してみました。

その結果・・・12.46%の利益と出ました。(計算合ってると思うんだけど違ったら言ってください。)

VOOすげぇ・・・インデックスで脅威の10%超え。S&P500へのインデックス投資は最適解の一つと言われる理由がわかりますわ。まぁ特に今年は調子が良かったこともありますが、それでも素晴らしい数字ですよね。

 

んで僕のポートフォリオのリターンを出してみます。Numbersでさらーっと作ってみました。(ちなみに今記事を書いている時点で最終日の株価がどんどん下がっているので、最終的には利益率は減ると思います)

2019ポートフォリオリターン

うーんマクドナルドの調子が悪い。良い銘柄だとは思ってるんだけど。このまま下落して-8%までなるとルール通り損切りされちゃいますね。

QQQなんかもっと早く投資すればよかったなーって思います。

 

それでは最終的なリターンの結果は・・・

  • S&P500(VOO):12.46%
  • 俺:11.64%

あかん・・・1%近く負けとる。やっぱS&P500のインデックスって強いですねぇ。

こうなってくるとあんまり個別株やってる意味なくなってくるけどそれでも個別株を続けます。だって早く金持ちになりたいからね!

来年の投資戦略の基本はコレまでと変わりませんが、ハイテク銘柄への投資割合は増えると思います。んで逆指値も徹底していきます。もっと本格的に個別株がんばります。

インデックスへの投資はつみたてNISA(楽天VTI)に任せているので、個別株でリスクを取りながらも資産を増やしていくで。

2020年の投資戦略ユキ男の2020年の米国株投資戦略

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です