【2019年12月】資産は今年目標の900万円をギリギリ突破!

12月の実績公開

いよいよ本日は大晦日ですね。30歳を越えてくると若い時のように年越し感を感じることなく、普通の日のように流れていくんですが…。

前月に引き続いて資産状況を綴っておきたいと思います。金持ちになるためには自分で資産を把握しておく必要もあるだろうと思うので、ブログで公開することで再確認の意味も込めてます。

 

2019年12月の資産は9,056,627円となりました。

内訳は以下のとおりです。

2019年12月の資産

  • 普通預金:3,217,170円
  • 財形貯蓄:2,524,686円
  • 投資:3,314,771円

年内目標にしていた900万円をギリギリ突破することができました。これも米国株が順調だったおかげです。ありがとう!米国株!

12月の投資銘柄はマイクロソフト(MSFT)、アップル(AAPL)、QQQを合計10万円分ぐらい買付しました。ボーナスもあったのでもっと買うつもりだったんですが、予想以上に株価が上がったので躊躇ってしまいました。運用資産の割合をもっと増やしたいなと思っています。

 

財形は毎月給料から積み立てているんですが、家を建てる時の頭金にするつもりです。社会人1年目のときに先輩から勧められて始めましたが、今だったら絶対にやりません。メリットが無さすぎます。若い時だったのでなにもわからんまま入ってしまった。これは失敗ですね。

 

普通預金もおよそ320万円ほどとけっこうな額になってるのが気になってます。フルインベストメントが効率良いのはわかってるんですが、家族がいるとなかなかフルインベストメントは難しい。嫁さん投資反対派やし。独身ならほぼフルインベストメントしてると思います。

個別株の他にもつみたてNISAと投資信託を毎月5万円買付していますが、こっちの方もぼちぼち利益が乗ってきています。しかもつみたてNISAは非課税なのでありがたいですね。

 

さてなんとか年内の目標900万円を突破する事ができました。夏頃の感じではとても900万円は無理だと思っていましたが、株高のおかげで突破することができました。アップル(AAPL)が大きく伸びたことが大きいですね。とは言っても株価が下落すれば900万円はすぐに下回ることになるでしょうが。

来年の2020年はハイテク銘柄へもっと割合を大きく投資しようと思っています。効率よく資産を増やすためにはハイテク銘柄はやっぱ外せないと考えるからです。できるだけ早く金持ちになりたいので!

ハイテク銘柄はボラティリティが激しいと言われているので、逆指値注文を駆使することで大きな含み損を抱え込まないように注意しながらもハイテクを推していきます。

来年もよろしくおねがいします。

2020年の投資戦略ユキ男の2020年の米国株投資戦略出口戦略株は買う時より売る時が難しい。リスク管理のために出口戦略をたてる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です