2019年11月はQQQとPEP(ペプシ)に投資しました。

11月はQQQとペプシに投資しました

僕は基本的に月末あたりで株の買付をしていて、今月はETFのQQQとPEP(ペプシ)に投資しました。

投資金額がQQQがおよそ10万円分、PEPがおよそ5万円分の合計15万円です。

QQQの10万円はちょっと使えるお金ができたので購入しました。普段は個別株は毎月5万円分ぐらい購入しています。個別株と合わせてつみたてNISA+投資信託を5万円分買っているので基本的には毎月10万円ほどを投資していることになります。

米国株村とかで有名なブロガーさんたちは何十万分と毎月購入していますが、家庭持ちのフツーのサラリーマンにはそんなに投資できないよね?!安月給の僕にとっては毎月10万円ってなかなか頑張ってる方なんやけど。むしろ限界超えてる。ボーナスで帳尻合わせしてるような感じやし。戸愚呂弟でいう『100%中の100%』って感じ。

投資戦略

AAPL(アップル)やMSFT(マイクロソフト)などのハイテクセクターを50%ほどと、MCD(マクドナルド)やKO(コカ・コーラ)、PEP(ペプシ)などの生活必需品・一般消費セクターで構成することにしています。

とは言ってもある程度柔軟に対応しようと思っているので、その時代その時代で変更されると思います。

AAPLやMSFTは将来も利益を上げ続けてくれると思っているし、MCDもまだ成長すると思っているから投資しますが、これらの銘柄が何らかの理由で「ダメやな」と思ったら入れ替えるようにします。

ただしばらくはこの構成でいこうかな、と思っています。基本的には安定的に成長しそうなものに中長期投資を目指しています。

今月はPEPとQQQ

PEPは前回の決算も良かったし基本的にチャートは右肩上がりだし順張りで投資しています。飲料メーカーのイメージが強いですがスナック菓子の売上の方が多く、世界中で売上があるメーカーですね。

決算は良かったですが、その後は一時的に上がりましたが最近はちょっと足踏みしている感じです。僕のポートフォリオの中で割合が一番少なかったので今回投資しました。今月はハイテクETFのQQQにも投資したので、ハイテク以外で選びました。

 

後はちょっと余ったお金が10万円あったので、AAPLに投資するかMSFTに投資するかV(ビザ)にするか悩みましたが、ETFのQQQにしました。

QQQはナスダック100に連動するETFでハイテクセクターの詰め合わせみたいなもんですね。ナスダック総合指数に連動するETFはないので、今の所一番ナスダック総合指数に近い動きをするETFだと思います。

AAPLかMSFTどちらも株価が伸びているので、どっちかに投資しようかと思ったんですが、決めきれなかったのでQQQに投資することにしました。

ハイテクセクターはこれからの5GやAIなどの発展の恩恵で今後も相場を引っ張っていく存在であると考えています。QQQならハイテクセクターにまるっと投資できるので、どこに投資するか悩んだ時に便利ですね。

 

どうもハイテクセクターに嫌悪感を示す方がちょこちょこおられるようですが、タバコ銘柄よりもよほど成長する気がしてるんですが・・・。投資に対する考え方は人それぞれなんでタバコ銘柄を否定するつもりではありませんが、タバコ産業は喫煙者が居なくなることはないので需要が無くなることは無いと思いますが、発展する未来が僕には見えない。値上げで対抗する言うても限界あるやろし。

 

話がそれました。この辺の僕の考えはまた別記事で書ければ書きたいです。

こんな感じで今月はQQQとPEPに合計およそ15万円投資しました。あっあと毎月積立投資しているつみたてNISAと投資信託で5万円投資しているので、全てで20万円になりますね。

あー金持ちになりてぇ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です