投資をするなら目標を立てる!わずか2.3%しかいない富裕層に僕はなる。

目標は1億円

このブログでよく『金持ちになりてぇ』と言っていますが、僕が株式投資をする理由は金持ちになりたいからです。つまり最終目標は金持ちになることです。

でも具体的に金持ちってどのレベルなんですかね。人によって必要な金額も違うので一概には言えないですよね。

とりあえず目標は具体的に明示しとかないと意味がない、との話を聞いたので、僕の目標を具体的に掲げたいと思います。『目標を掲げてそれを公言する』ってのが大事らしいです。あとはこの目標に向かってがんばるだけですわ。

先に目標を言うと『1億円』です。やっぱり1億円って憧れますよね!

資産1億円以上はわずか2.3%しかいない

ジンさんのブログ(おさいふプラス)に興味深い記事がありました。

たった2.3%の世帯しかいない資産1億円の裏側を見てみる

引用:おさいふプラス

 

野村総合研究所が実施した富裕層アンケート調査の結果が記載されています。まずはこのアンケートの富裕層の定義です。

【富裕層の定義】

  • 超富裕層:純金融資産5億円以上
  • 富裕層:同1億円以上5億円未満
  • 準富裕層:同5,000万円以上1億円未満
  • アッパーマス層:同3,000万円以上5,000万円未満
  • マス層:同3,000万円未満

引用:野村総合研究所

上記の分類でいくと、悔しいですが僕はまだマス層に該当します。一番下ですね。

 

そして富裕層以上の世帯割合はなんと『2.3%』しかいないそうです!たった2.3%ですよ…ツイッターとか見てたら1億円以上とかけっこう見るのでもっと多いのかと。そう思うとツイッターやってる人ってヤバいですね。

サラリーマンでも資産1億円はけっこういる

上記のジンさんの記事によると資産1億円以上の世帯でも、職業が会社員の人の割合が3割とのこと。しかも世帯年収が1,000万円未満が40%となっているようです。

そう思うと、世帯年収がべらぼうに高くなくても資産1億円を築くのは不可能ではないってことですね。(いや正直世帯年収1,000万円ってなかなか凄いと思うけど)

目標は1億円プレーヤー

目標を掲げるならやっぱり富裕層以上ですよね。狙うは1億円プレーヤーです。よく億り人っていいますよね。(これ最初に言い出したの誰なんやろ?うまいこと言うよね)

そのためには当然資産運用は必要ですし、資産運用をしないと1億円に到達するのは不可能だと思います。

具体的な目標を立てたのであとは『どうやって到達するか』ですね。基本的には投資を続け市場に残り続けることが必要ですし、そのためには適当に投資するのではなく明確な作戦が必要になります。

やはり大きく負けないことを一番に考えるべきですね。損切りの徹底、傷は浅い内に撤退すべきです。幸いにも米国株はここ10年大きな暴落なく右肩上がりに成長してきましたが、そのために損切りをしてきた人は少ないのではないでしょうか。今後起こるかもしれないリセッションに対応するため、損切り作戦はあらかじめ決めておこうと思います。

あとは利確のタイミングですね。ずっと持ってるのも間違いではないと思いますが、いつの間にかダサい銘柄になっちゃうとマズいんで。特にハイテクセクターは移り変わりが激しいですしね。

この辺の作戦はまた後日記録したいと思います。まぁ時間がかかっても良いならインデックス投資が一番いいですよね。これは間違いないと思います。

とりあえず目標は『1億円』です。その前に小さな目標としてまずは1,000万円を早めに突破します。

金持ちになりてぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です